読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【服】優しく撫でるように何度も

3月。春だ。まだ寒いけど、春だ。わたしは四季の中で春がいちばん好きなので、早く春らしいぽかぽかとして散歩したくなるような、そんな気候になって欲しい。

 

街に出ると、どの店ももう春モノを売っている。ちなみにわたしのフォーシーズンカラーはスプリングなので、この時期に店先に並ぶ服の色は8割似合うと言っていいような気がする。色はね。好きな色の系統でもあるので、見ていて楽しいしなんだか心も華やぐ。とはいえ実際にその華やぐ気持ちを満たせるほどに服を買うお金はないので、クローゼットの中に眠る春服を引っ張り出して、ああこんなもの持ってたなーと復習するところからスタートだ。意外と持ってたことを忘れている服、多い。

 

そう、起こす服あれば眠らせる服あり。そろそろ冬物を眠らせるための準備も考えなくてはならない。冬服というのは、どうしてまああんなにも、気づかない間にまとってしまっているのでしょう。大量の毛玉。もうどのセーターも毛玉だらけ。着るときに多少手入れはするが、気づけば立派な毛玉がそこにある。安物だからか手入れが下手くそだからか。わたしが悪いのかもしれないが、そんなことは関係無い。毛玉よ、消えて無くなってくれ。じゃないと片付けられないんだ。

 

そんなことを願ったところでもちろん叶うはずもなく、必死に地道に毛玉カッターでセーターをなぞる。優しく撫でるように何度も何度も繰り返す。が、結構取れない。しかし、ここで強く押し当ててしまうと、服に穴があいてしまう(一度それが原因でお気に入りのセーターとサヨナラすることになってしまった)。地味な作業。無の時間。たまにやる単純作業は嫌いじゃないが、目に見えて効果が抜群にでるものの話だ(アイロンがけとか、水周りを磨くのとか)。片付けられる日は来るんだろうか。それとも、ちょっとくらい穴があいてしまってもいいやくらいの気持ちでやるか。斎藤工がしゃべくりかなんかで言ってたし。服にうっかり穴があいちゃってるくらい隙のある子が好きって。でもわたしの場合うっかりじゃないしな。それ着るとき確信犯だしな。ああ…丁寧に取るしかない…。

 

まあのんびり、完全に春になるまでに済ませよう。

 

コイケでした。